はやて

はやて

LGA1150最強スペック 

Devil's Canyon!!


タイトルどおり4790Kのレビューをしていきます!

毎回PCのパーツについて記事を書くときはここまでに至った経緯を話していこうかな。

最初パソコンを買ったというか作ったのは親父とでしたねw
まったく最初は知識がなかった中、親父にああだこうだ金ねんだからそこそこでいいと
言われつつ買ったのが PentiumDC E6500

2.93 GHzあるとは言え今となっては残念スペック
まぁ買ったのがCore2DUO E8500の全盛期の時期だし
安かったってのもあったねww

次に使ったCPUが Core2Quad Q9450
使ったと言う言い方をしたのはこちらPCを買い換えるから自作を手伝ったらあげるよ
と言われしっかり自作を手伝い報酬としてPCごと受け取りましたww
細かなほかのスペックはまた次回にでも話していけたらなぁと

Quadを手にしたときの世代はCoreiシリーズ第一世代!
この時期に中々なCPUを譲り受けた気がしますねw

そんなこんなで月日が流れ・・・
2013年でしたかね?PCパーツがくっそ安かった時期???だった気がした
グラボを買い換えた際に電源不足でパーツ殆どが使い物にならなくなった事件が発生www

そんなわけで買い替えを余儀なくされ辿り着いたのが今絶賛炎上中のPCデポさん!!

正直PCパーツを買うだけならなんてこたないけどww
無知なカモを見つけるとハイエナの様にたかるやつらだから多少はね

images.jpg


ここでパソコンをグラボ以外一式交換ですよDDR2からDDR3にメモリが変わり
あのころXPで2GのPCだったけど7で4x2の8Gにもなった。これも追々話してくかんじでー

で、出会ったCPUがこれCorei5 4570

(^ w^)・・・  まだ奴はこない!

快適安定のCPUでしたねー(雑

長いねん!!

あと何回CPU変えれば気が済むんだよ!!

あ、・・・平均3.4年ペースで変えてるからましかw

結局なところ、こいつ( 4790K )を買おうと思ったのが
新しいCPUまだ第7世代Kabylakeが出る前か6700Kと比較して
あまり変化がない!!全体なら6700K ゲームなら4790Kって記事見て

ゲームするし流用が利くこっちでって感じの軽い気持ちで契約成立!

ってわけさね 買った時期も値上がり前で最安で買えたしこちとら御の字ですわ!!


やっとこレビューし始めたかな?w

一昔前のデジタル世代  CPUの性能比較表2017年版

でも一番上のハイエンドの欄(下から数えたほうが早い)に乗ってます

◎Core i7 4790K 4.00GHz TDP 88W 4コア 8スレッド 40,600円(約11800、LGA1150最高スペック)
                                          ↑これはスコア詳しくはサイトへGOisGOD
しかも◎で!!

■ハイエンド
・高度な処理能力が必要な3Dゲームをしつつ、
高速でエンコードをこなすことができる究極を求めたい人向け。
1コアあたりの性能を求めるのならCore i7 4000、6000シリーズで、
全体の性能を求めるのならCore i7 5000K、5000Xシリーズを選ぼう。
1コアあたりの性能はLGA2011-v3のものが最高だが、
LGA1151のものは性能が高いだけではなく内蔵グラフィックも強化されている。
またLGA1150対応のCPUも2016年現在まだまだ高性能となっている。


おぉええやん!

ちなみにーi5 4570はですね

3ランク下の■ミドルクラス!!

◎Core i5 4570 3.20GHz TDP 84W 4コア 4スレッド 22,000円(約7100、LGA1150のCore i5)

こいつも◎なんだけど3年くらい使ったし性能差見せ付けられたら買わなきゃ(使命感)
性能差約4700! がばがば計算でCore i3 6100T 一個分違う結果

こんな感じで俺はDevil's Canyon 4790Kにたどり着いたのさ!

次回はOCCTの結果でも書いていこうかなぁ
・・・あれ?ぜんぜんレビューになってなくね?w



スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply